二重になりました

ナイトアイボーテ使い方
こちらのサイトでは「ナイトアイボーテ」の、かなり!本質的な使い方やコツと言えるものをご紹介します。

ナイトアイボーテは、夜就寝前につけることによってまぶたに二重の線を癖付けし、そういったことを毎日毎日やり続けることからナチュラルな二重になるとなってしまう商品。

かぶれづらい美容成分入ってくらいですから、お肌に関しての刺激がなくセンシチブ肌の人であろうとアリ。

粘着力もそれなりに高くて、朝迄はがれずにクセ付け可能だと考えます。

期間は必要になるけど、ナチュラル二重に近づきたい方仕様だということです。

ナイトアイボーテ購入者の口コミ☆
・これ以外の商品はお化粧を落としたら一重の状態であったのに、ナイトアイボーテは線が残されてる!
・まぶたが荒れし易い体質ではあったんですけれど、コレは気にする必要はないだったのです。
・つけて就寝するだけで次第に二重の線が付いてきた・・・始めたころは疑ってたけどやって嬉しかったです。

ナイトアイボーテの使い方
(1) 洗顔あと、油とり紙などを使って、まぶたの油分を完全に取り除きます。

ダメージを与えない感触で着実にきれいにします。

(2) まぶたの“へこみ”部分を、なでるように擦ります。

(3) 二重ラインを確保したい場所にY棒をさし、あごを引き、理想的型を確かめます。

Y棒を目頭・目尻いずれかにスライドし、液をぬるセンター15~20mmをさけたところで、理想形を確保できるポイントを見つけます。

形により、Y棒の先端がどちらかのみのさし方になったとしてもアリ。

このまま維持し、下書きクセ付け。目線を上げ、長く待つほど◎。

(4) 理想の二重線を中心に、縦3~5mm、幅15~20mmにナイトアイボーテをまんべんなく塗ります。

さきほど探した「理想形を維持できるポイント」にY棒をさし、あごを引いて眉を下ろします。

(5) そのままに確保し、乾燥・固着させます。

目線を上げて、長く待つほど固定できます。

鏡や手であおぐと、乾燥・固着が早まるのでおすすめです。ドライヤーはドライアイを招くため×。

乾燥・固着したら、押し込んだまぶたが現れないように、Y棒をさしている根元を爪で押止めつつ、そっと取り出します。

(6) そのまま寝ます。

多少“薄目”になりそうでも、無理に目を閉じず、そのまま寝ます。

ドライアイを懸念している場合は、枕元に加湿器(ないなら濡れ手拭いを干して代用)を取り揃えると。

睡眠中に目をこするクセがある場合はl「ひっかかないぞ」と意識し、ふとももなどで手をおさえながら休むと。

うつぶせ寝・横向き寝は、むくみにつながりやすいため、なるべく避けます。

(7) 起床後、洗顔しナイトアイボーテを落とします。

温かいお湯かシャワー、メイク落としを浸透させたコットンで、ふやかします。目頭側から指の腹で、そっと少しずつ落としていきます。

ナイトアイボーテ 口コミのサイトでは二重になれることについて詳しく記載されていますので参考になるかと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です